引越し時に必要な手続き

札幌及び札幌近郊で新築注文住宅、マンションの購入、賃貸マンション、賃貸アパート、引越し会社も決まって、具体的な引越しの時期になると、今度は、札幌及び札幌近郊で引越しする際にもっとも手間のかかる、転居届け、電気、ガス、水道、電話、銀行、インターネット、郵便局など、引越しに関わる「各種手続き」がたくさんあります。
ここでは札幌及び札幌近郊で引越し前に、どのような引越しに関する手続きが必要なのか、いつまでに引越しの手続きを行うのか、引越しの手続きは具体的にどこで行うのか、などを分かりやすく、また、具体的に説明していますので、札幌及び札幌近郊で引越し後に、引越しで忘れた手続きがないように確認しておき、早めに必要な手続きを済ませましょう。
特に、行政関係と生活関連のライフラインだけは、しっかり引越し手続きを完了しておかないと、引越ししたその日の生活が不便になる可能性があるので、ご注意ください。
引越しが決まれば引越し日までにしなければならない「手続き」が多くあります。引越し先ですぐに通常の日常生活が送れるように、計画的に、また忘れないように手続きを行いましょう!

札幌及び札幌近郊で、引越し前に行う手続き一覧

転出届

札幌から札幌近郊へ、札幌から北海道道内の各地へ、札幌から本州へなど、
引越し前には「転出届」の手続きがあり、現在お住まいの市区町村役場で
手続きを行い、「転出証明書」の発行、引越し後、引越し先の市区町村役場で
転入届の手続きをする時に、この転出証明書が必要になりますので
紛失しないようにしましょう。

北海道電力、電力会社(電気)の引越し手続き

引越しが決まったら、北海道電力(電気)に連絡して、
引越しの手続きを行いましょう。
北海道電力への連絡は、引越しの当日でも大丈夫ですが、
余裕を持って1~2週間前までに連絡して手続きを済ませておけば安心です。

北海道ガスや民間のガス会社への引越し手続き

引越しが決まったら「北海道ガスや民間のガス会社の使用中止」の手続きを
行う必要があり、また、転居する引越し先の「ガスの使用開始」の手続きも
行う必要があります。

水道の引越し手続き

引越しが決まったら「水道の使用中止」の手続きを行う必要があり、
また、転居する引越し先の「水道の使用開始」の手続きも行う必要があります。

郵便局へ転居届

引越しが決まったら郵便局(日本郵政)で「転居届」の手続きを行い、
この手続きを行うことによって、引越してから1年間、旧住所あての郵便物を
新しく引越しした新住所に無料で転送して頂けます。
また、1年を以上を希望する場合は、郵便局へ行って再度手続きを行うことで、
さらに1年間郵便物が転送されますので、
ご心配の方は数年この手続きをすることをお勧めいたします。

最近やや減少の固定電話(NTT)の引越し移転手続き

引越しが決まったら「116」へ電話し、
「固定電話(NTT)の移転手続き」を行ないましょう。

パソコンのインターネット関連、プロバイダーの引越し手続き

引越しが決まったら、現在ご利用のインターネットのプロバイダーに連絡して
手続きを行い、手続き方法は各プロバイダーによって異なるので、
各プロバイダーのホームページで引越しの際の手続き方法を確認して進めて下さい。

スマートフォンやタブレット、携帯電話の住所変更手続き

引越しが決まったら、現在契約しているスマートフォンやタブレット、
携帯電話の住所変更手続きを行わなければなりません。
契約している携帯電話会社、ドコモ・au・ソフトバンクなどへ連絡して、
早めに住所変更手続きを行いましょう。

NHKの引越し手続き

引越しが決まったら、NHKに連絡して引越し手続き、現在JCOMやスカパーに加入している場合は、引越しの手続きを行いましょう。

新聞の引越し手続き

引越しが決まったら、新聞の配達先変更や購読停止の手続きを配達業者に速やかに連絡し、引越し日の配達停止希望日を伝え、支払方法を確認して下さい。

子供たちの小学校、中学校の転校手続き

引越しが決まり、お子さま(小学校・中学校)がいる場合は、幼稚園・保育園、小中学校、高校の転校手続きが必要になります。

1ヶ月~2週間ぐらい前

新しく引越しする新居の確認、不用品の処分、大型ごみ処分の手配
転居通知の手配、電話の移転申し込み
梱包資材の手配、荷造りを始める、紛失を防ぐために荷物リストを作る、郵便物の転送願い

1週間前

荷造りや新居を掃除し、搬入の準備を整える、
市役所で転出届、印鑑登録消去などの手続き
電気・ガス・水道の手続き
銀行・郵便局などの住所変更手続き
公共料金など自動振替の変更手続き
保険・クレジット会社など住所変更手続き

引越しの前日や引越し当日

冷蔵庫の霜取り、水抜き、洗濯機の水抜き、近所への挨拶回り、荷物搬出の立会、
電気・ガス・水道の閉栓、精算
引越し料金の支払い、忘れ物のチェック、荷物の搬入の立会、電気・ガス・水道の開栓
引越し家具の傷や荷物の紛失などチェック

引越し後

転居通知の投函や市役所での手続き(転入届、印鑑登録など)
運転免許証の住所変更、自動車、バイク、自転車など登録変更
国民健康保険、子ども手当、印鑑登録、国民年金、転校手続き

【必要な物】
転入学通知書、在学証明書、教科書給与証明書、パスポート
各種保険の住所変更、生命保険・損害保険会社へ金融機関など

具体的な引越しを検討するために、専門業者へ引越し料金のお見積をしてみましょう!

ここから以下の内容は、全国ネットワークで営業展開している引越し会社と地域に密着した引越し会社へ、引越しのお見積り依頼ができる会社をまとめて紹介しているコンテンツです。
ご自分の引越しをトラブルなくスムーズに行えるように、引越し業者の選び方や見積もり依頼について情報を掲載しています。お早めに専門業者へメールでお見積りを依頼して、各社の引越し内容や料金を確認して最適な選択をしましょう。

◆【ズバット引越し比較】無料一括見積もりの引越し◆
【ズバット引越し比較の魅力】
(1)参加の引越し業者は、サカイ引越センター、アート引越センター、日本通運、ダック引越センター、ハート引越センター、アーク引越センターなどの大手引越し業者から地域密着型の業者まで全国で220社以上が参加している引越し見積りサイトです。
(2)引越しの提携業者数は日本最大級、全国で220社以上の引越し業者から、最短1分程で一番安い引越し業者が探せます。
(3)引越し料金が、なんと!最大50%OFFになる可能性があります。
(4)引越しのご紹介件数は、2,200万件突破して、多くの方々に利用さえています。
(5)現金10万円キャッシュバックキャンペーン実施中!(詳細は契約前に必ずご確認下さい)
これらがズバット引越し比較の特徴となっています。スマートフォンの方は、クリックしてお見積フォームへすすみ、お見積りを依頼して引越し料金や内容を確認して下さい。
また、パソコンの方は、以下の入力フォームに「郵便番号」「引越し先の選択」「人数の選択」を入力してから【ズバット引越し比較】にお見積りを依頼して引越し料金や内容を確認してみましょう。

◆【引越し業者見積り比較】の引越し◆
【引越し業者見積り比較の魅力】
(1)引越し見積もりについて、240社以上の中から最大10社まで無料で一括見積もりができます。
(2)この引越しサイトをご利用した方々の95.2%が、また、利用したいと回答されているそうです。
これらが引越し業者見積り比較の特徴となっています。以下のバナーをクリックして【引越し業者見積り比較】にお見積りを依頼して引越し料金や内容を確認してみましょう。

◆嵐のような電話攻撃を受けずに、簡単に一括見積りがとれる【引越しラクっとNAVI】の引越し◆
【引越しラクっとNAVIの魅力】
(1)引越しラクっとNAVIでは、専用のサポートセンターが1度具体的な引越しのヒアリングをすることで、引越し会社と話すことなく、お見積りが出てきます。つまり、一括見積りと違って、各引越し会社から営業電話や営業メールがたくさんきません。
(2)お客様のお荷物を、引越し専門のサポートセンターがヒアリングして確認します。提携している引越し会社がヒアリング情報を信頼してくれるので、ガンバッタ料金を見積りしてくれています。
(3)法人企業の転勤に伴うお引越しで、上場企業を中心に900社以上の実績があります。
(4)以前に引越しの一括見積りを利用して、電話やメールで大変になった方々からプラスの評価を頂いているようです。
これらが引越しラクっとNAVIの特徴となっています。以下のバナーをクリックして【引越しラクっとNAVI】にお見積りを依頼して引越し料金や内容を確認してみましょう。